さ く ら み ゆ き

しつもんが引き出す幸せ体質

*

「募金がビジネスの一部」って、どういうこと?

   

募金してますか?

 

私の大好きな本
「夢をかなえるゾウ」

 
ご存知ですか?
 
 
 
ガネーシャという、
ものすごくわがままなゾウの神様が
しがないサラリーマンの元にやってきて、
さまざまなミッションを与える。
 
 
そのミッションをこなしながら、
サラリーマンは成長し、
諦めかけていた夢を思い出し、
見事大成功をおさめる。
 
 
という、
私の大好きなブラックジョーク満載の
サクセスストーリーです。
 
 
 
 
その中で
ガネーシャが与える
ミッションのひとつが

『募金をする』
というもの。
 
 
 
本を読んでいた頃は、
当時小学生だった息子と一緒に
一日ひとつずつ、
ミッションにチャレンジしていました。
 
 
※小学校では
 「ファミリー読書」という課題があり、
 夜、親子で一緒に
 読書をする時間を作るんです。
 私の好みで
 「夢をかなえるゾウ」を読んでいたら
 息子がまんまとハマりました。
 
 
 
ガネーシャのミッションに従い、
コンビニやスーパーで
おつりを募金したり、

ユニセフや
赤い羽根の募金に参加したり。
 
 
あのころは意識して、
ちょこちょこと
募金をしていたんですけど、

いつの間にか
フェードアウトしてましたね。
 
 
 
 
よく、

世の中の成功者とか、
お金持ちとかって
募金が習慣になっている
と、聞きますよね。

 
 
 
 
これも大好きな本なんですけど、
「金持ち父さん貧乏父さん」
 
その中でも、
書かれていました。
 
 
金持ちは、
収入の10%を募金する
、って。
 
 
 
これ、
ちょっと補足しますね。
 
 
 

金持ちはまず
自分にお金を使うんです。

 
 
収入のうち、
10%を貯金して
10%を投資用の口座に入れ
10%を募金します。

 
 
 
それは、
まだ金持ちになる前からの
習慣。
 
 
少ない収入の中からも
30%を
『未来のため』
使うんですね。
 
 
 
その中でも
『募金』という、

一見自分の未来とは関係ないと
思われる行動が
実は大切なんです。
 
 
 
 
日本でも
『情けは人の為ならず』
という言葉がありますよね。
 
 
『おたがいさま』の精神で
みんなで助け合えば、

あなたが困ったときにも、
気持ちよく力を貸してくれる人が
現れます。
 
 
 
 
募金は
お金持ちにとっては
常識的な習慣ということですが、

私たちも是非
真似していきたい習慣ですよね。
 
 
 
 
 
先日

横浜駅での乗り換えのときに
外国人の青年に
声をかけられました。

 
 
 
「道を聞かれるのかな」と思って、
イヤホンを外して立ち止まると
「これを見てください」と、
ノートのようなものを渡されました。
 
 
それは、
ノートではなく
ポケットアルバムでした。
 
 
 
表紙には
「フィリピンの子供達への支援」
みたいなことが書かれていて、

中には
赤ちゃんや
小さな子どもたちの
写真がたくさん。
 
 
 
そういえば
最近、募金してなかったな

と思い、
お財布から千円札を出して、
その青年に渡しました。
 
 
 
本当に
フィリピンの子どもたちの元に
届くのだろうか

 
と、チラッと
頭をよぎったけれど、
まあ、いいや。
 
 
本当に
フィリピンの子どもたちに届けばOKだし、
もし届かなかったとしても、

あの青年の
一食分になるんだろうし。
 
 
 
 
以前の私だったら
こういった得体の知れない募金は
絶対にしませんでした。
 
 
今だって、
どこに行っちゃうのか
わからない募金が多すぎて
ためらうこともあるけれど、

なんか、
異国で
一生懸命募金を集めている
あの青年は
信じたかった
んですよね。
 
 
 
 
 

じつは
私が『募金』を意識したのは
お隣の奥さんのおかげなんです。

 
 
 
10年以上前のことになりますが、
回覧板をまわしに行ったときのこと。
 
 
当時
私は専業主婦。
 
 
経済的にゆとりもなく、
回覧板に挟まっていた募金袋を
見て見ぬ振りをして、
そのまままわしました。
 
 
 
当時は
お隣さんも専業主婦。
 
 
おたがい
マンションを買ったばかりで
ローンの返済もあり、

とてもラクとは言えない
経済状況だったはず。
 
 
でも彼女は、さらりと

「あっ、募金なんだねー
 入れとかなくちゃ」

って、言ったんですよ。
 
 
 
数百円をケチった私の前で
彼女は当たり前のように

「ウチも苦しいけどさ
 募金しとけば
 なんか困ったときに
 返ってきそうな気がして」

って、言ってました。
 
 
 
 
募金なんてしてる場合じゃない!
ウチが募金して欲しいくらいよ!

って、
ケチケチマインドだった自分を
恥じましたねー。
 
 
 
 
その後、
いろいろな場面で
お金持ちの方の話を
聞くことが増えると

みなさん
当たり前のように
募金しているんですよね。
 
 
 
余ってるから募金するんじゃなくて、
先に募金しちゃう
 
っていう、
金持ち父さん的思考には
目からウロコでしたけど、

私も、
時々マネしてます!
 
 
 
 
 

金持ちは
お金を持ってるから金持ち
なんじゃなくて、

金持ちの思考や
行動をするから、
お金持ちになるんです。

 
 
 
なんのこっちゃ
と思ったあなたはぜひ、

「金持ち父さん貧乏父さん」
読んでみてくださいね。
 
 
 
 
 

《サクラサクしつもん》
どんな募金をしたいですか?

NxnTXWcUo5_1WQL1465734229_1465734454
 
 
 
 
 
——————————–

《サクラ咲く手紙》

家族を大切にしたいママの
『おうち起業』のコツを
あなたのメールボックスに
お届けします。
 
月曜と木曜に
コツコツと配信中!
 
いまご登録いただくと
「ドタキャン防止策」という
動画セミナーをプレゼントしています。



*メールアドレス
*お名前(姓・名)

 - コラム , , , ,

  関連記事

子どもの言いわけ、ちゃんと聞いてますか?

攻めのコミュニケーションは
勘違いを減らします。

その夢、登場人物が限定されてませんか?

あなたの夢に
制限はいらないんです

さりげなく夫を巻き込む方法

男性はプライドの高い生き物です。
上手に巻き込みたいですね。

無線LANの調子が悪い時に疑うこと

時々発生するバミューダトライアングルの正体は
自分自身の『うっかり』な行動だったりして。

商品作りに必要なのは、これ!

減っちゃうのかな…と思いきや
お客さまが増えちゃうのが、この考え方!

Podcast始めました

ラジオ、始めました!
笑顔のワークライフバランス
ぜひ、聴いてみてくださいね♪

魔法の言葉で声援を送れ!!

あなたは
どんな言葉で
声援を送りますか?

あなたのファンを増やす方法

えっ!こんなことで?
ということで、
ファンは増えていくんです。

B’zのライブジムから学ぶカッコいい生き方

稲葉さんの言葉は
いつも哲学的なんですよね

「無料」につられて来たモニター客を「ファン」にする方法

もう一度会いたくなるのは
どんな人ですか?