さ く ら み ゆ き

しつもんが引き出す幸せ体質

*

時間の活用法

   

マルチタスクで
人生を3倍楽しんじゃいましょう!

 
 
 
たとえば、
友だちをランチに誘った時。
 
 
「あ~ごめんね。
その日は
銀行行かなきゃならないから。」
 
 
って、
断られたこと、
ありません?
 
 
 
私は、
何度もあります。
 
 
ただ単に、
私が嫌われているだけ

とか言っちゃうと
話が終っちゃうので、

そこらへんは
ポジティブにぼやかします。
 
 
 
そして、
話を戻して。
 
 
銀行って、
一日がかりで行くとこだっけ?
 
 
少なくとも私の中での銀行って、

月に一度、
収入口座からお金を引き出し、
引き落とし口座へお金を入金する

という、
いたってシンプルな動き。
 
 
数か所の銀行には行きますが、
どんなに混んでいても
2時間あれば終了します。
 
 
変な話、
仕事の合間で済ませられる程度の
用事でしかない。
 
 
 
 
しかし世の中には、
たったこれだけの用事を、
1日がかりでおこなっている主婦が
少なからず存在しているんです。
 
 
厳密に言うと、
彼女たちだって、
1日中銀行にいるわけじゃないんですよね。
 
 
宝くじが当たるとか、
資産運用の相談だとか
はたまた融資の相談なんてこと、
そうそうないですからね。
 
 
 
「明日は銀行行かなきゃならないから」
 
っていう主婦たちの共通項。
それは…
 
 
マルチタスクが苦手
 
…と、
思い込んでいる。
 
(マルチタスクとは、
同時進行でいくつもの作業を
行うことです)
 
 
 
1日のスケジュールの中で、
いくつもの用事が入るのを嫌う人たち、

つまり、
1日1つしか、
用事を入れない人たち。
 
 
 
もし、あなたが、
「自分に当てはまる」
と思ったら、
 
人生損してる!
 
 
 
だってね、
ちょっと考えてみてください。
 
 
私たち女性って、
本来、
器用な生き物なんですよ。
 
 
朝起きて、

ネコをあやしながら
えさを準備し、

お弁当と朝食の準備をしながら
洗濯機を回し、

夫や子どもを起こし、
自分の身支度もする。
 
 
その間にも、
メールチェックをしたり
ブログやフェイスブックを見たり、

掃除をしたり、
片付けなどなど。
 
 
全部いっぺんに
やってますよね。
 
めちゃくちゃマルチタスクですよ!
 
 
今の例は私の日常だけど、
主婦だったら
そう変わらないんじゃないかな。
 
 
むしろ、
私なんかよりもっと忙しい人だって、
たくさんいると思います。
 
 
 
 
こんな朝の数時間を
毎日あたりまえに過ごしている
私たちですから、

同時進行で作業をこなすのはお手のもの
…なハズ。
 
 
それなのに、
これが1日というスパンになると
 
「無理~」

って思っちゃうのは、
なぜなんだ。
 
 
 
 
 
もっと
効率よく暮らしましょう。
 
 
私の記事を読んでくれているあなたは、
きっと、

未来に向けて、
なにかやりたいと思っている。
 
 
だからこそ、
マルチタスクでいくと
スピードが早まります。
 
 
 
とくに、
あなたが目指すところにいる人に
近づくための予定は、

ガンガン入れていきましょう。
 
 
実際に会える相手なら、
誘われたものに
片っぱしから参加する。
 
 
まだ、
情報を受け取るだけの相手なら、
その人からの情報を
片っぱしから攻略する。
 
 
ブログやフェイスブック、
メルマガに
コメントやメッセージを送ってみる。
 
 
そのための時間を、
キープするんです。
 
 
 
 
 
「時間なんて余るわけがないんだから」
 
 
たった今、
youtubeで聞いていたラジオで、
木坂さんが言っていました。
 
 
あなたの時間は余ってないんです。
 
 
 
時間の無駄遣いはやめて、
用事はいっぺんに済ませる。
 
 
そして
自分に必要な予定を入れまくって、
スピードアップさせましょう。
 
 
 
いつも言っていますが、
大切なのは、行動です。
 
 
行動が、
あなたの本心の言葉なんです。
 
 
少しずつでもいいから
動き続けましょうね。
 
 
 
 
そうそう!
「なんにもしない1日」
っていうのも、
たまには有効みたいですね。
 
 
私は、
なんにもしない日があると
次の日がつらいので、

毎日、何かしら
予定を入れていますが(笑)。
 
 
 
 
 
《さくらの夢》
ママが家庭の中心となって

家族を元気にして

最高のパフォーマンスをできる状態にし、

結果、

社会も元気になっていくような

コーチングメソッドを
作りたい。

 - コラム

  関連記事

あなたの夢、もしかして「カンちがい」してません?

「誰かのために」
なんの見返りもなく
人助けができるんですか?

子どもの言いわけ、ちゃんと聞いてますか?

攻めのコミュニケーションは
勘違いを減らします。

ファン作りのコツは?

口コミ上手になることと
ビジネスセンスを磨くことは同義語です。

今生きていることこそが、幸せ

未曾有の災害が起こった時に、
あなたは誰かを救えますか?

中2男子の母たちへ

息子がしゃべらない理由は
ズバリ、これなんです!

なぜ、成果を出せないのか?

美意識は自分では磨けない
美意識の高い人に引き上げてもらうものです
   ー井上維子さんの言葉

その夢、登場人物が限定されてませんか?

あなたの夢に
制限はいらないんです

情報量に負けない、本の読み方

あなたに必要な情報を
確実にキャッチするコツは…

編み物でつかう「アレ」あなたのビジネスにもありますか?

自分の「ウリ」を探す前に
知っておいて欲しいこと

「無料」につられて来たモニター客を「ファン」にする方法

もう一度会いたくなるのは
どんな人ですか?